記事一覧

引っ越しと環境適応


私事ですが、先月自宅を引っ越しました。

こどもの校区を考えての引っ越しなので、近距離ですが、荷物を全部ダンボールに入れて運ぶのは、距離は関係ありません。

マンションからマンションの引っ越しですが、新しいマンションは、ネコ快適仕様(笑)にするために、引き渡し後図面を引いて工務店に工事発注しました。

それがこちら↓
20170608キャットステップ

キャットステップとキャットウォークです。

これ以外に食事の場所なども工夫しました。

おかげさまで、引っ越し後1日目はネコたちはビビッて隅に隠れていましたが、2日目からは空間を認識するため、あらゆる場所の点検探検を始め、それ以降はお腹を上向けて寝転ぶなど、すっかりくつろいでいます。

その一方、私たち人間は山積みのダンボールをせっせと開封して収納する作業がつづき、かなり疲れました。

山積みのダンボールはネコたちにとってワンダフルみたいです。

てっぺんまで登って、ようやく掛けた壁時計の秒針の針金にちょっかいを出して、外してくちゃくちゃにしてしまいました。


そのダンボールもあとは数えるほどになりました。

今考えるのは、新居を設計し施工し、すぐ引っ越しして入居するのはとても大変だと言うこと。

家族の生活を見直し(住まいと暮らしのカルテを作成し)
住まいのイメージを提示し、
それにあった素材や寸法を割り出し、
今ある家具等を洗い出し、
引っ越しの準備、各種手続きとそのタイミング、
子ども関係の手続き、
竣工近くになると、カーテンや照明を考え、
新しい家電を吟味し購入し、
・・・・・・・
次から次へと、調べて決定して、処理することが膨大にあります。


入居してからも、
すぐ使うものをダンボールから出していくこと、
収納にものを入れていくこと、
勝手が違うキッチンで料理をすること、家事をすること、
毎日が、引っ越し前に考えずにできたことが、いちいち考えながら、
より使い勝手がいいようにしようと考えながら、
家事をしていく。

新しい環境にどう順応していくか、
新しい環境を自分が使いやすく変えていくか、
これは人それぞれだと思いました。

すぐになれる方もいれば、
私みたいに、ダンボールを一つ一つゆっくりあけて考えてようやく収納場所を決める方、
いろいろです。

そういったお施主さまの性格や考え方をしっかり把握することが、気持ちよく新居に入居することにつながります。


この引っ越しを通じて、新築して引っ越しして入居するお施主さまの気持ちが体験としてわかりました。

今後、私が設計させていただくお施主さまには、できるだけその負担がないようなスケジュールや仕様などを考えたいと切に思いました。



--------------

●山本和代HP(くらしお設計室/一級建築士事務所 街角企画株式会社)
http://machikado-architects.jimdo.com/
●山本和代ブログ(暮らしの塩)
http://kurashio.blog.fc2.com/

--------------

くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>では、
1時間無料相談会を開催しています。
ご希望の方は、「問い合わせ」でご連絡ください。
完全予約制です。

--------------
よければ、ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本和代

Author:山本和代
快適で健康、家族が幸せになる住まいづくりをする女性建築士・くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>のブログ【大阪・神戸・京都(京阪神)】
[キーワード]住宅設計/リフォーム・リノベーション/空間デザイン/省エネ/エコ/パッシブ/温熱環境/快適・健康/バリアフリー/ユニバーサルデザイン/子育て/家事/暮らし/自然素材/無垢/木/片づけ・収納/生前整理

最新コメント