記事一覧

「捨てる!技術」~モノを手放すとき

朝晩の寒暖差が、秋の気配を感じるようになりました。
こういう時が、身体がなれていなくて、体調を崩しやすいので、みなさん気をつけてくださいね。

先日、事務所の時計が止まってしまいました。
電池を入れ替えても、正しい時を刻まず、だんだんスローになって・・・
止まりました。

170908時計IMG_5646.JPG

フレームはアルミで、文字盤は木目調。
時刻のところはアルミのボタンの飾り。
とてもシンプルで、この時計を買ったときは、一目惚れで即買いでした。

これを買ったのは、もう15年位前。
地元神戸市灘区のまちづくり協議会を支援する仕事をしていました。

そのまちづくり協議会で、毎年開催するフリーマーケットで、この時計と出会いました。

毎年恒例のフリマで、セミプロっぽい人もいれば、子どもフリマコーナーという、子どもが店主になって、フリマをする、とても画期的なこともやっていました。
もちろんステージをつくって、ミニコンサートや屋台などもありました。

そういう地元の人の手づくりで、地元に愛されたイベントで購入した、この時計はしばらく
当時独身だったので、親と一緒に暮らしていた家の自分の部屋に飾っていました。

数年後、結婚し、夫と会社を立ち上げるのですが、その時にこの時計を新事務所の会議室に飾りました。

会社立ち上げ時は小さいマンションンの1室でしたが、この時計は会議室をおしゃれな空間にしてくれたと思っています。

その後会社は大きな面積の雑居ビルの1室に移転。
もちろんこの時計も持って行き、打合せコーナーに飾りました。

そして数年後、この時計は静かに止まりました。

おそらく15年は時を刻んでいたと思います。

一度、壁から落ちたことがあり、針が曲がりましたが、何事もなくその後も時を刻んでくれました。


170908時計IMG_5648.JPG

こうやって改めて振り返ってみると、自分の大変だった時をずっと見ていてくれたように思います、この時計は。

そして、ようやく寿命を迎えました。

「今までありがとう」

このブログに思い出を書くことで、スッキリお別れができそうです。

この年齢になると、モノへの思いが強くなっているので、大切なモノを手放すときは、こうやって思い出を思い返し、そして見送りって行きたいものです。

闇雲に捨てるのではなく、ものと丁寧に暮らすとは、こういうことを言うのではないでしょうか?

買うときもそうですが、手放すときも、自分の人生を表すのではないかと思います。



--------------

●山本和代HP(くらしお設計室/一級建築士事務所 街角企画株式会社)
http://machikado-architects.jimdo.com/
●山本和代ブログ(暮らしの塩)
http://kurashio.blog.fc2.com/

--------------

くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>では、
1時間無料相談会を開催しています。
ご希望の方は、「問い合わせ」でご連絡ください。
完全予約制です。

--------------
よければ、ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本和代

Author:山本和代
快適で健康、家族が幸せになる住まいづくりをする女性建築士・くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>のブログ【大阪・神戸・京都(京阪神)】
[キーワード]住宅設計/リフォーム・リノベーション/空間デザイン/省エネ/エコ/パッシブ/温熱環境/快適・健康/バリアフリー/ユニバーサルデザイン/子育て/家事/暮らし/自然素材/無垢/木/片づけ・収納/生前整理

最新コメント