FC2ブログ

記事一覧

「高齢者になってみる」 20191102高齢社会とすまい 近建女セミナーレポート

近畿建築士会協議会女性部会(近建女)では、「くらしとすまいをみつめる」とテーマにして、毎年継続してセミナーを開催しています。
令和元年度は第5回となりました。

2019年(令和元年)11月2日(土)、「高齢社会と住まい」をテーマに座学と体験ワークショップをひと・まち交流館京都で開催。
45名の参加があり関心の高さを感じました。

20191102くらしとすまいをみつめてセミナーチラシ


◆福祉と建築の間で実践している竹中さんの講演


第1部 講演会は、愛知県建築士会 福祉のすまい特別委員会委員長である竹中美智子氏を講師に迎え、「高齢社会とすまい~介護保険制度にみる建築士の役割」について話していただきました。

竹中さんは、自ら設計事務所と福祉用具貸与事業所を運営しています。
福祉と住環境整備の問題点、愛知士会での活動内容を詳しく説明していただきました。

竹中さんはイギリスでのコミュニティ・アーキテクトとしての経験の中で、イギリスの高齢者がいきいきと生活している状況がとても印象的だったと話していました。私も同感で、日本における介護や高齢者の住まい、暮らしとなるとちょっとマイナスイメージが付きまとうのですが、海外の事例を見ると、若者よりも自由に豊かに暮らしているように思えます。

話の中で・・・
○イギリスでの高齢者への対応の優先順位
1)自分の意志
  ↓
2)選択肢の中から
  ↓
3)うながし(選択がない)
  ↓
4)措置 〈日本は多い〉
ということで日本には選択肢もなく、措置で終わるケースが多いとのこと。
住宅改修の報酬は大変単価が低く、なかなか採算に合わないのが現状です。
竹中さんは国会に働きかけが必要と話されていました。

20191102竹中美智子さん
第1部竹中美智子さんの講演

20191102地域包括ケアのあり方
地域包括ケアのあり方
生活支援の下に、「すまいとすまい方」がある。建築士が積極的にかかわっていくべき、と竹中さんは説明されていました。
さらにその下に「本人の選択と本人・家族の心構え」があることも重要。
出典:平成28年3月 地域包括ケア研究会報告書より

20191102セミナー基調講演参加者
45名の参加がありました!



◆「高齢者」になる

第2部 体験とワークショップでは、高齢者疑似体験プログラム「うらしま太郎」を参加者全員が装着し、スタッフがあらかじめ用意しておいた道具を使って日常動作を体験しました。
いくつかのグループに分かれ、一人がうらしま太郎を装着し、他の人が付き添い介助をする人になり、会場施設内を移動しました。

・耳栓
・めがね
・荷重チョッキ
・ひじサポーター・重り
・手袋
・ひざサポーター・重り
・靴型サポーター
の7つ。
これを装着することで、重く、可動域が小さくなり、動きが制限されます。
めがねをつけると、視野が狭くなり、白濁したレンズからはほとんど見えません。

20191102うらしま太郎セット
うらしま太郎セット
このトランクの中に上記の7点が入っています。


20191102セミナーうらしま太郎階段
装置をつけて階段の上り下りを体験。
膝や足の動作制限のほか、メガネによって視覚的情報が限られるので、怖い!
階段の段鼻が見えにくくなります。


20191102くらしセミナーうらしま太郎 トイレ
会場にポータブルトイレも設置し、座り立ちを体験。
ワークショップでは、うらしま太郎を体験した気づきを書き出し、建築士としてできることは?など深い意見が出されました。



<いただいた意見>

・体験を通して、高齢者に対する理解が深まった

・声掛けやコミュニケーションの必要性が何より大切であることが分かった。

・建築設計の基本知識を持つ建築士が、「老いる」ということに理解と知識を深め、よりよい社会環境を提案できることが必要


などがありました。



◆さいごに

高齢者の気持ちって、高齢にならないとわかりません。

この世の中、高齢社会に関心が薄いのはおそらくこれが理由だと思います。

だからといって、だれも考えないというわけにはいかない。

誰だって高齢になるし、もしかしたら、明日にも自分がけがをして体が一部不自由になったり、若年認知症といって若いうちに認知症になり、今までわかっていたことが分からなることがあるのです。

さらに、近い将来、高齢層の割合がもっと大きくなり、社会全体が高齢者の生活に合わせていかないと回っていかない事態になるかもしれません。

ですので、今から、高齢になった場合の住まいや社会の在り方をもっと考えておく必要があるのです。




--------------

●山本和代HP(くらしお設計室/一級建築士事務所 街角企画株式会社)
http://machikado-architects.jimdo.com/
●山本和代ブログ(暮らしの塩)
http://kurashio.blog.fc2.com/

--------------

くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>では、
1時間無料相談会を開催しています。
ご希望の方は、「問い合わせ」でご連絡ください。
完全予約制です。

--------------
よければ、ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本和代

Author:山本和代
快適で健康、家族が幸せになる住まいづくりをする女性建築士・くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>のブログ【大阪・神戸・京都(京阪神)】
[キーワード]住宅設計/リフォーム・リノベーション/空間デザイン/省エネ/エコ/パッシブ/温熱環境/快適・健康/バリアフリー/ユニバーサルデザイン/子育て/家事/暮らし/自然素材/無垢/木/片づけ・収納/生前整理

検索フォーム