記事一覧

潜在的な意識を見える化すること


先日、パステルビジョンボードミニ講座に参加してきました。
http://ameblo.jp/matekyo/entry-12152337469.html

パステル作家の空京子さんと、ビジョンボードのさくらさんのコラボイベントです。

まずはじめに、パステルを使って、ハガキサイズの作品を制作。

160518パステルのハガキ

左は3匹の猫をイメージして色で表現。
右は草原の中に花がふわっと咲いているイメージ。

久々に無心になって集中しました。

これか終わるとビジョンボードに取りかかりました。

ビジョンボードは、簡単に言うと、スクラッピングという手法を使って、自分の潜在的な気持ちを引き出す手法です。

さくらさんは今までにたくさんのビジョンボードの指導をされていますが、分析研究もきっちりされています。

学校でのビジョンボードの指導もあるということで、子どもたちのなかなか聞き出せない潜在的な気持ちを引き出すこともやっているとのこと。とても大切ですよね。

で、そのビジョンボードを私もすることにしました。

毎年新しい年を迎えたときにしたら、一年間の気持ちを整理することができるし、
迷ったときに、すれば、何にもやもやしているのかがわかります。
定期的にすることで、自分の心の変化もわかると思います。

そして、私のつくったボードはこちら↓

160518パステルビジョンボード


作ったあとに、さくらさんの分析があるのですが、それが的中しすぎて、びっくりしました。
細かいことはここでは書けませんが(笑)、
とにかく今は今まで積み重ねたことを、実践するとき。
考えること、よりも実践、実行。

ということで、今年後半の目標は、とにかく身を軽くして、行動すること!

自分でも、うすうすそうかなあと思っていたこともあったし、
全然思ってなかったけど、改めて考えてみたらそうだった、ということも。


今回ビジョンボードを作ってみて気づいたのは、
住宅を新築あるいはリフォームするときも、同じだなあと思いました。
施主さんは「こうしたい♪」と思っていても、協議していくうちに
実はそうではなく、根本的なことは違っていた、ということも多々あります。

住まいの希望を聞き出すときに、ビジョンボードのように、施主さんの潜在的な気持ちを引き出すことがとても重要なんです。

私がヒアリングするときは、いつもそこに気をつけています。

「この方は、本当は、何を望んでいるのだろうか???」

と常に、アンテナを張りながら、聞き出しています。

家を建てるときって、施主さんもいろいろ考えること、することがありすぎて、自分の考えを伝え不足になることがあると思うんですよね。それを、ちゃんと聞くのが、建築士の使命だと思っています。

思いが反映されない家に住んでいても、おもしろくないですよね?
住まいに愛着がわかないですよね?


家を新築・リフォームする前に、建築士がちゃんと自分の思いをくみ取ってもらえるか
確認しましょう。



--------------

●山本和代HP(くらしお設計室/一級建築士街角企画株式会社)
http://machikado-architects.jimdo.com/
●山本和代ブログ(暮らしの塩)
http://kurashio.blog.fc2.com/

--------------

くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>では、
1時間無料相談会を開催しています。
ご希望の方は、「問い合わせ」でご連絡ください。
完全予約制です。

--------------
よければ、ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本和代

Author:山本和代
快適で健康、家族が幸せになる住まいづくりをする女性建築士・くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>のブログ【大阪・神戸・京都(京阪神)】
[キーワード]住宅設計/リフォーム・リノベーション/空間デザイン/省エネ/エコ/パッシブ/温熱環境/快適・健康/バリアフリー/ユニバーサルデザイン/子育て/家事/暮らし/自然素材/無垢/木/片づけ・収納/生前整理

最新コメント