記事一覧

「ライフスタイルの変化に合わせた収納活用セミナー」で、収納の話を後回しにした理由


先日、住友林業のオーナーフェスタの中で
収納セミナーの講座を担当しました。

住まいお役立ちセミナー案内

予約段階では10組と聞いていましたが、当日はじめるときは14組になっていました。

タイトルには「収納」と書いてありますが、収納は「片づけ」の一部であることなので、
単なる収納用品やハウツーを紹介するのではなく、片づけ全体を話すことにしました。

160730セミナー全体風景


収納、片づけの悩みは家族、人それぞれです。
セミナーのはじめは、みなさんの気になることを聞き出していきました。

45分という短い時間でしたが、参加者みなさん、何か気づきを持って帰られたようでした。

来られたときは収納に悩んでいましたが、変える頃には、片づけが問題だったことに気づかれたようでした。



「片づけをする前に、まず収納を買ってきたらダメです!!!」

ということを念押し、「片づけの手順0から4」を伝え、モノの本質を見極め、モノとの付き合いがわかってから、
買ってくださいともお伝えしました。
なので、「収納」という言葉が出てきたのはセミナーが4割ほど経過してからでした。

モノとの付き合いができないうちに収納法品を買ってしまうと、無駄にしてしまう可能性が高くなるからです。





「家族と、または専門家の人と、自分ひとりじゃなく誰かとすると、片づけも楽しくなります!」


セミナーでもお伝えしましたが、自分でやる方が身につきますが、どうしても時間がない、片づけの範囲が広い、体力に自信がないなど、ひとりでやると不安なら、思い切って、専門家に依頼した方がいいです、とも伝えました。


<アンケートより>

・楽しんで収納することをしたい。
・「モノを見極める訓練をする」という中で、「選ぶ」ということがポイントになっていることがわかった。
・収納だと思っていたが、まず不要品を片づけていこうと思った。
・心の整理が必要と思い、よかったです。
・クリアファイルケースに浴衣を入れているのはびっくりでした。
・コツを教えていただいたので、試してみようかと思いました。
・捨てるのが得意でないので、参考になりました。
・「暮らしが変わると、収納も変わる」ということ


アンケートにあった、浴衣をファイルケースに入れるのはこれです↓

160730浴衣をファイル

私の子どもの浴衣ですが、このようにしておくと、コンパクトで、すぐ取り出せます。

最後に私は話したのは、

家の片づけをすると、心の整理ができます。
また、ライフスタイルが変わるとそれに伴って片づけ方や収納も変わっていきます。


もし今の生活が暮らしにくい状態だったら、ちょっと収納方法を変えたり、片づけをしてみませんか?



--------------

●山本和代HP(くらしお設計室/一級建築士街角企画株式会社)
http://machikado-architects.jimdo.com/
●山本和代ブログ(暮らしの塩)
http://kurashio.blog.fc2.com/

--------------

くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>では、
1時間無料相談会を開催しています。
ご希望の方は、「問い合わせ」でご連絡ください。
完全予約制です。

--------------
よければ、ポチッと応援お願いします↓
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本和代

Author:山本和代
快適で健康、家族が幸せになる住まいづくりをする女性建築士・くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>のブログ【大阪・神戸・京都(京阪神)】
[キーワード]住宅設計/リフォーム・リノベーション/空間デザイン/省エネ/エコ/パッシブ/温熱環境/快適・健康/バリアフリー/ユニバーサルデザイン/子育て/家事/暮らし/自然素材/無垢/木/片づけ・収納/生前整理

最新コメント