記事一覧

[レポート]子育て応援セミナー 子育ての家づくりについて講演しました。大切なのは、デザインにいたる考え方やプロセスです。

6月12日(日)、に開催された「家づくりカレッジ 子育て応援セミナー」で、子どもの自立に向けてをお話しました。住友林業、大和ハウス工業、積水ハウスの3社の合同イベントで、HDC神戸で開催されました。募集告知案内は、こちら会場には、家づくりを検討されている、カップル、親子連れの方々が来場されていました。13:30から1時間、講演しました。タイトルは「子どもの自立を促す-子育てのための家づくりの考え方」私が今回お...

続きを読む

木のここちよい住まいを設計するために、徹底的に木について学ぶ

4月13日(水)兵庫県建築士会女性委員会の見学研究会で企画した、「越井木材工業 工場見学会」に参加しました。参加しましたと書きましたが、今回は私が企画立案から参加していました。兵庫県建築士会女性委員会のブログでのレポートはこちら↓http://hkenjo.blog38.fc2.com/blog-entry-130.html越井木材工業さんは、戦後からずっと木材を扱っていて、今はエンジニアウッド(EW)という、加工された木材を扱っている会社です。様々...

続きを読む

上町台地に住みはじめて、10年以上がたちました!

2015年11月27日~12月6日に開催された、「オープン台地in大阪」の中の「下町文化と暮らしについてのんびり話そう」というプログラムにゲストとして参加しました!プログラムの正式名称は、追手門学院シェアラボ特別編*下町文化と暮らしについてのんびり話そう~①まち歩き&②トークサロンです。イベント案内ページはこちら→http://uemachi-hope.net/open-daichi/vol06/index.html主催は、「追手門学院 成熟社会研究所」で、協力は...

続きを読む

住宅医スクール2015、修了しました。

住宅医スクールとは、既存住宅の調査診断、改修、維持管理ができる人材を育成するスクールです。詳しくはこちら→住宅医スクール1年間、月1ペースで土曜日の一日中、講義があります。かなりハードでしたが、何とか全講義修了しました。今後は、中古住宅が流通していくことが多くなります。そうなると、既存の住宅を正しく診断し、正しく改修、維持管理していくことが絶対必要になってくるわけです。いい加減な工事をされては、住ま...

続きを読む

女性建築士の活動の歩みがわかります

私が、大学生の時は、建築学科には40人中5名前後しか女子がいませんでした。今では建築関係の仕事には、女性が活躍し、インテリアや専門学校も含め、女性の割合が大変大きくなったなあと実感しています。周りを見渡して何となくわかるのもそうですが、私が所属している兵庫県建築士会女性委員会で、活動記念誌のとりまとめ等に関わると数次的にも実感できました。今回記念誌データをまとめて見れるよう専用ページを開設しました。...

続きを読む

プロフィール

山本和代

Author:山本和代
快適で健康、家族が幸せになる住まいづくりをする女性建築士・くらしお設計室<一級建築士事務所 街角企画株式会社>のブログ【大阪・神戸・京都(京阪神)】
[キーワード]住宅設計/リフォーム・リノベーション/空間デザイン/省エネ/エコ/パッシブ/温熱環境/快適・健康/バリアフリー/ユニバーサルデザイン/子育て/家事/暮らし/自然素材/無垢/木/片づけ・収納/生前整理

最新コメント